エネルギーコストシミュレーション

どんな効果が得られるの?~エネルギーコストシミュレーション~

M'sエレクトリックスタッフ

省エネ・節約・経費削減に関するサービスの導入をお考えの方にとって、一番興味があるのは「実際に導入した場合にどれだけの効果が得られるか」ではないでしょうか?  そこでご活用いただきたいのが、福岡県北九州市の電気工事・省エネ・節約・経費削減「M'sエレクトリック」がご提供しているエネルギーコストシミュレーションです。

照明の種類による比較

エネルギーコストシミュレーション

100台の照明器具を設置した場合には、照明の種類によってどれだけコストに差が出るのでしょうか。10年間というスパンでシミュレーションし、比較してみました。

照明の種類 ハロゲン球 白熱球 蛍光灯 水銀灯
品番 60型 60型 40型 400型
電球の寿命 (時間) 3,000 2,000 12,000 12,000
電球代(円) 1,200 100 250 3,000
設置台数 100 100 100 100
年間電力合計 (Kwh) 18,000 16,200 12,600 121,000
年間電気代 (円) 378,000 340,000 264,000 2,551,000
年間ランプ費及び交換費用概算 (円) 50,000 15,000 15,000 100,000
年間ランニングコスト(円) 428,000 355,000 279,000 2,651,000
LED照明導入費 小計(円) 673,000 445,000 683,000 6,585,000
LED化による年間削減効果(円) ▲454,000 ▲300,000 ▲157,000 ▲2,060,000
回収年数 1.5年 1.5年 4.4年 3.2年
10年間の費用削減効果(円) 3,867,000 2,553,000 887,000 14,015,000

※1日の点灯時間=10時間
※年間使用日数=300日
※電気料金1Kw/h=21円
※電球の交換工賃などは含んでいます
※電球の商品価格は参考価格です
※10年間の費用削減効果は投資費用回収後の削減費用となります

損益分岐点

LED照明導入における損益分岐点

LED照明を導入するとランニングコストは大きく下げられますが、そのぶんイニシャルコストが高くなります。
それでは、導入から何年後にLED照明への初期投資を回収できるのでしょうか。
ここではLED以外の電球は既存の設備であり、イニシャルコストがかからないものとして、損益分岐点を導き出してみました。

損益分岐点

回収の目安をお知らせします

コスト回収の目安

当社では個々のお客様の状況に合わせて効果をシミュレーションしたうえで、損益分岐点予測がひと目でわかる「投資回収目安表」を作成してお渡ししています。LED照明だけでなく、節水や新電力の導入も含め、効果が見込めるプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

「投資回収目安表」のサンプル

  総経費 年間削減効果 月間削減効果 回収年数
LED照明 1,758,000円 443,274円 36,940円 4.0年
  総経費 年間削減効果 月間削減効果 回収年数
新電力 0円 120,000円 10,000円 0.0年
補助金額 合計総経費 合計年間削減効果 実費 回収年数
580,000円 1,758,000円 563,274円 1,178,000円 2.1年

回収見通しは2.1年!!

  • 10年間での利益額
  • ▲4,454,742円

備考
使用状況や使用時間、環境などによって削減効果は前後しますので、コストシミュレーション・投資回収目安は、あくまでも目安であり、絶対的なものではありません。
コストシミュレーションの計算条件は、九州電力HP料金表から参照しています。

PAGE TOP

Copyright © 2012 Ms electric Inc.