事業承継について|福岡で電気工事業の事業承継ならM’s エレクトリックへ

事業承継の選択

後継者不在のときには、事業承継という選択も……

「後継者の不在により廃業を余儀なくされている」という方にとって、第三者への事業承継はこの問題を解決できる有効な手段です。友好的な事業承継は売り手企業にとっても買い手企業にとってもメリットが多く、特に中小・零細企業の場合は従業員のリストラといったリスクも少ないので最適と言えるでしょう。このページでは、福岡の「エムズ エレクトリック」が事業承継の基礎知識についてご紹介します。

友好的な譲渡で事業を継続させる

第三者への事業承継と聞くと、いわゆる「企業買収」をイメージされる方も多いでしょう。確かに従来までは、これが敵対的に行われるケースも少なくありませんでした。しかし、こうしたやり方はさまざまなあつれきを生む原因となるため、現在ではあまり行われなくなっています。一方で、対象企業の経営者の賛同を得た上で行われる友好的な事業承継は、近年大きな注目を集めています。

特に中小・零細企業の場合は、株式が非上場の場合が多く、譲渡制限がかけられている可能性もあるため、敵対的買収がそもそも成り立ちません。また、蓄積されたノウハウや取引先とのつながりを持つ従業員が多く、余剰人員があることも少ないため、事業承継後にリストラになる可能性も少ないのが特徴です。これは、社員一人ひとりが財産となる中小・零細企業だからこそのメリットと言えます。

このように、第三者への事業承継とは後継者不在という深刻な問題を解決するのに非常に有効な手段と考えられるでしょう。もちろん、その第三者が見つかるかどうかは事業の内容や財務状況、そして規模などによって異なりますが、廃業や精算といった事態を免れるためには検討価値のある選択肢と言えます。

第三者への事業承継のメリットとデメリット

以下で、中小・零細企業における事業承継についてのメリットとデメリットを見比べてみましょう。

メリット デメリット
  • 後継者が不在でも事業を継続できる
  • 株式の売却による利益が得られる
  • 借金の連帯保証が解除できる
  • 社員の雇用を確保できる
  • 取引先との付き合いが継続される
  • 会社や事業が魅力的でないと、相手が見つからず時間を浪費してしまう
  • 情報漏えいの可能性がないとは言えない
  • 相手が見つからない場合、結果として会社を安売りせざるを得ないこともある

このように、第三者への事業承継はメリットだけでなく、デメリットも存在します。特に、買収先が見つからない場合はせっかくの決断が裏目に出てしまうこともあることを覚えておきましょう。

電気事業者の個人事業主様は、「エムズ エレクトリック」へ

「事業承継がうまくいかない……」「自分の手で相手を見つけられるか不安……」。こうしたお悩みをお持ちの、電気事業者を経営される個人事業主様は、ぜひ当社までご相談ください。友好的な事業承継のお引き受けについて、ご相談に乗らせていただきます。

これまで30年以上にわたって電気工事業に携わってきた当社が、貴社の事業を買い受け、事業の拡大と存続を請け負います。一般的に第三者への事業承継には多くのデメリットが存在しますが、当社では、司法書士なども同席したうえで商談を進めさせていただきますので、友好的かつ効果的に事業承継のご相談を進めることができます。

当社では、長期間にわたり電気工事業に携わり培ってきたノウハウを生かし、ご相談者様の事業継続のお力になれればと考えております。もちろん、従業員様の雇用等についても十分に配慮した交渉を行いますので、ご安心ください。

廃業だけが会社の未来ではありません。経営者様の次の人生や、現在は働かれている従業員の皆様、取引先様まで、すべての人が前向きに進んでいけるような事業承継を目指し、お話をお伺いいたします。まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2012 Ms electric Inc.

pagetop