事業承継に関するよくあるご質問|福岡で電気工事業の事業承継ならM’s エレクトリックへ

事業承継で不安解消

事業承継Q&A

このページでは、福岡の「エムズ エレクトリック」に寄せられる、事業承継に関しての“よくあるご質問”について、Q&A形式で掲載しております。当社は事業の先行きや後継者などの問題に悩み、廃業を検討されている個人事業主様のお力になれればと考えておりますので、ぜひご相談ください。私たちが一緒になり、継続に向けた事業承継を目指します。

Q.譲受する企業はどんなところですか?
A.当社が譲受いたします。ただし、手続き等を円滑かつ公平に進めるため、当社の提携企業が仲介に入ります。細かな疑問などについてもしっかりとご説明を差し上げますので、ぜひ一度ご相談ください。
Q.事業承継の対象となる業種について教えてください。
A.当社では、電気工事系(電気・通信・空調・資材)の事業を手がける個人事業主様又は企業様を対象とさせていただいております。他業種の場合には規制による一部規約がかかることもございますが、電気事業業界であればそうした心配はいりません。ぜひ一度、お話をお聞かせください。
Q.事業承継を決めたわけではありませんが、こうしたタイミングでも相談はできますか? もしくは、どの段階で相談するのがよいでしょうか?
A.事業承継に関しては、早い段階でのご相談がオススメです。交渉を含め、手続きには時間がかかります。当社としても、御社の状況やご家族の状況などをしっかりと把握した上で、最適な回答をご用意できればと考えております。
また、早めにご相談いただければ、「事業承継にはどのようなステップがあるのか」といった点についてご説明が差し上げられます。それを踏まえた上で、余裕を持って検討していただくのがよいでしょう。
逆に、時期を見誤ると手遅れになるリスクもございます。譲渡の時期や条件について、早めにお話をさせていただけると幸いです。
Q.会社がどんな状態になったときに、事業承継を相談すればよいでしょうか?
A.業績が好調であれば、条件面で当然有利となりますのでタイミングとしては最適です。当社としても、ぜひご相談いただきたいと考えます。逆に、業績が悪化してからですと、どうしても交渉の段階で当社有利な条件を出さざるを得ません。そのため、ご相談についてはお早めにいただけると幸いです。
Q.事業承継によって従業員が解雇されることはありますか?
A.会社や事業の状態にもよりますが、原則そのまま引き継がせてもらうよう配慮いたします。当社としても、貴社の持つ人員やノウハウ、ネットワーク等を引き継ぐことが事業承継における最大のメリットと考えておりますので、従業員様の雇用確保についてもご安心ください。
Q.会社を譲渡すると借入や連帯保証、担保等はどうなりますか?
A.基本的には当社が資産・負債の一切を引き継がせていただきますので、経営者様に負担・返済がおよぶことはありません。
Q.事業承継といったことは、大企業が行うイメージなのですが……
A.マネーゲームや敵対的M&Aといった事例のみを見ると、確かに事業承継は大企業のみで行われているように感じられます。しかし近年では中小・零細企業の事業承継も頻繁に行われており、内容は非常に友好的なものが多く、リスクも少ない点がメリットと言えます。特に後継者不在といった問題が取りざたされる近年の日本においては、今後ますます中小・零細企業の事業承継が注目されていくことが予想されます。
Q.事業承継の流れについて教えてください。
A.ケースにもよりますが、以下のように行うのが一般的な流れです。
  1. ご相談
  2. 譲渡条件交渉・トップ面談・会社訪問
  3. 基本合意書締結
  4. 譲渡価格の監査
  5. 譲渡条件の最終調整
  6. 統合プロセルの計画
  7. 最終条件の交渉
  8. 最終契約書締結
  9. 株券引き渡し・支払い、従業員への発表等
Q.自社の持つ機密情報については守ってもらえますか?
A.ご安心ください。ご相談を受けた時点から、譲渡実行まで、しっかりと機密情報については管理し、漏えいなどを防止します。また、事業承継の準備段階でいただく情報についても秘密保持契約を結び、厳密に取り扱うことをお約束します。

Copyright © 2012 Ms electric Inc.

pagetop